気になる体臭も青汁で予防できるって、本当なの!?

青汁体臭

夏はもちろんのこと、あまり汗をかかない時期でさえ自分の体臭って気になりますよね。
 

・わきの下
・靴の中
・帽子を取ったときの頭皮
・椅子から立ち上がった後の匂い
 

さらに、気になるあの人との接近距離にとっても重要な
 

・口臭
 

などなど、においエチケットはもうお化粧や身だしなみと同じくらい大事なマナーですね。
 

でも、わきの下や足のうらなどパーツごとにアイテムをそろえてケアするのは、費用も手間もかかりそうですね。1度にケアできるすぐれものはないかしら…?
 

そんなあなた、青汁が効くそうですよ。

青汁で本当ににおいは消えるの?まずは、口臭からみていくよ~

そうですよね、不思議ですね。ではまず、人と会うときに一番気になるお口の匂いの消臭効果について調べていきましょう。
 

口臭予防

 
口臭には寝起きや口の中が渇いたときなどに生じる生理的な口臭と、歯周病や消化器系呼吸器系の病気など、ほかの原因からくる口臭があります。
 

生理的な口臭は、うがいやだ液の作用で消えますので問題ありません。問題になるのは病的な口臭なのです。
 

病的な口臭の原因は、口内や腸内の環境の悪化です。口の中に歯周病菌や虫歯菌、おなかの中に悪玉細菌が増えすぎると、においの元となります。
 

青汁は、これを解決してくれるということなのです。でも、どうやって…?
 
 

青汁には、食物繊維や葉緑素、抹茶入りの青汁ならさらにカテキンが含まれます。

食物繊維

口臭には、おなかの中の悪玉菌の排出する毒素などの匂いが含まれますが、食物繊維は悪玉菌の繁殖を抑え毒素を便と一緒に排出します。腸内環境の改善で、口臭予防が期待できます。
 

葉緑素(クロロフィル)

緑黄色野菜やクロレラに含まれています。こちらも腸内の毒素の排出を促進したりするほか、殺菌効果によって歯周病菌や虫歯菌など口臭の元となる細菌を減らします。
 

カテキン

緑茶に多く含まれます。殺菌作用により口臭を予防します。カテキンの殺菌作用、抗ウイルス作用は強力で、インフルエンザ予防にお茶でうがいをするとよいなどともいわれています。
 

このような成分を含む青汁は、その整腸作用と殺菌作用により、口臭を予防するということです。

体臭の原因って?

口臭と便の匂いを除く体の匂いを総じて「体臭」とするのだそうです。知りませんでした。体臭の原因には3種類あります。
 

酸化した皮脂

皮脂腺から分泌される皮脂が空気にふれて酸化(過酸化脂質)すると匂うのです。お肌の皮脂膜は保護膜として重要ですが、体質や脂肪・肉類中心の食生活などで皮脂の中の脂質の割合が増えると過酸化脂質が増えて匂いを放つようになります。
 

エクリン腺

エクリン腺は皮膚にある汗腺です。エクリン腺から出る汗はほとんどが水分なのですぐに拭き取れば問題ないのですが、そのままにしてそこに雑菌が繁殖すると匂ってしまうのです。
 

アポクリン腺

これも汗腺の一種ですが、エクリン腺とちがうのは汗に脂肪分やタンパク質が多く含まれていることです。わきがや体臭のきつい人ではアポクリン腺の数が多いことがわかっています。皮脂腺から出た成分とアポクリン腺から出た汗がまじりあい、そこに雑菌が繁殖するとわきが臭が発生します。

青汁は、どのような作用で体臭を消すのでしょう。

匂いの元は主に汗腺や皮脂腺から出る汗や皮脂でした。
 

動物性脂肪や動物性たんぱく質(主に肉類)の多い偏った食生活などを続けていると、汗や皮脂の成分も影響を受けます。
 

脂質

脂肪分の多い食生活が続けば内臓脂肪や皮下脂肪として体の中に蓄積され、汗や皮脂の成分も脂質が多くなり、においがきつくなります。

たんぱく質

動物性たんぱく質は腸内の悪玉菌の餌になるので、腸内環境が悪玉菌優位に傾きます。その結果悪玉菌の出す毒素によってにおいがきつくなります。
 

肉料理が続くと、おならがにおうようになるのはこういうわけなのです。また、悪玉菌の出す毒素は血液にのって体中をめぐり、毛穴から排泄されます。これも体臭のもとになるのです。

青汁に含まれる食物繊維は、
・匂いの元となる余分な動物性脂肪や動物性たんぱく質を吸収して便として排出します。
・腸内環境を改善することにより匂いの元となる悪玉菌を減らしてくれます。

まとめ

ちょっとくどくなりましたが、青汁の消臭効果、お分かりいただけたでしょうか。
 

  • 食物繊維による腸内環境の改善
  • 臭い成分となる動物性脂肪や動物性たんぱく質の吸収
  • 殺菌効果

 
によって、気になる匂いを元から退治してくれます。しかも飲むだけでいいのです。においを気にせず、のびのびと振舞いたい…。そんなあなたに青汁をおすすめします。

 

 

 

コメントを残す