えっ!?本当なの?|青汁で白髪の予防ができる?

青汁で白髪を予防改善できる

髪をかき上げたりアップにした時に目立つ白いものが「増えてきたな―…」と感じたら、青汁をおすすめします。
 

若白髪という言葉があるくらいなので例外はあるのかもしれませんが、白髪はどのくらいの年齢から出始めるのでしょうか。
 

一般的に女性の白髪が目立つようになるのは40歳ごろからとされています。
 

加齢による自然な白髪はいたしかたありませんが、最近ではストレスや無理なダイエットが原因の若白髪も増えているそうです。何とかしたいですね。
 

白髪のメカニズム、知っていましたか?

髪の色はどうやって決まるの?

髪の色は肌の色と同様にメラニンという色素の量で決まります。
 

髪色を決めるメラニンには黒色メラニン(ユーメラニン)と黄色メラニン(フェオメラニン)の2種類があり、そのバランスで髪の明るさが決まります。
 

日本人にはユーメラニンが多いので黒髪なのです。白髪では、これらのメラニン色素がない状態なのです。
 

なぜメラニン色素が無くなるの?

髪はもともと白いのですがメラニン色素がまじりあっていくことで黒くなっていきます。
 

加齢などによって、メラニン色素を作るのに必要なチロシナーゼという酵素が減ってしまったりうまくはたらかなくなることによってメラニン色素の量が減っていき白髪ができるのです。
 

若白髪の原因は?

でも若いのに白髪に悩まされている人も確かにいますよね。若白髪の原因は別のところにありそうですよね。

  • 栄養不足

 
無理なダイエットなどで健康な黒髪に必要なミネラルやタンパク質、ビタミンなどの栄養が不足していることでも白髪を生じます。
 

  • 生活習慣の乱れ

 
不規則な生活などで自律神経のバランスが崩れると、血行不良や成長ホルモンの分泌量の減少によって新陳代謝が低下します。これによって白髪が生じます。
 

  • ストレス

 
メラニンを作っているメラノサイトという細胞は神経細胞によく似た性質をもち、ストレスに弱いため、ストレスがかかるとうまくはたらかなくなってしまうそうなのです。
 

白髪とストレスの関係はよく知られていますよね。
 

また、病気などによって白髪になってしまうこともあります。
 

髪に必要な栄養がいっぱいの青汁が、白髪の悩みを解決します

どうやら白髪の悩み解消のためには、
 

  • メラニン色素をつくる酵素のはたらきや量を増やすこと
  • 健康な髪に必要な栄養を十分に摂ること
  • ストレスをためないこと

 
などがカギのようですね。
 

青汁には、健康な黒髪を守るために必要な栄養素がギュッとつまっています。
 

  • カルシウム

 
カルシウムはメラノサイトを活性化してメラニン色素そのものを増やすはたらきがあります。
 

  • ビタミンA、B、E

 
抗酸化作用や代謝を高める作用で、髪をストレスから守り髪の成長を助けます。
 

 
メラニン色素を作るチロシナーゼに含まれています。チロシナーゼのはたらきには欠かせません。また、抗酸化作用もあります。
 

  • 亜鉛

 
はっきりとしたことはまだわかっていないようですが、抗酸化作用によってストレスなどのダメージからメラノサイトを守ることなどがあげられています。
 

やっぱり気になる過剰摂取問題

銅などの重金属では過剰摂取が気になりますよね。でも、あまり心配なさそうです。
 

亜鉛
例)大正製薬の大麦若葉青汁 0.005mg/日(1包) 0.026mg/日(1包)
成人女性の1日の推奨量 0.8mg 8mg
妊娠中の推奨量 0.9mg 10mg
授乳中の推奨量 1.3mg 11mg

 

まとめ

青汁と白髪の関係、意外でしたね。青汁は、健康な髪に必要な
 

  • カルシウム
  • ビタミン
  • 銅や亜鉛

 
などの栄養を豊富に含み、髪の健康を守ります。白髪の悩みもお任せください。あとはストレスをためないことも大事ですよ!

 

 

コメントは受け付けていません。