生理不順は体のSOS?青汁で生理不順も解消できるの?!

青汁と生理
にぶーい下腹部の痛みや不快感、イライラなどの気分不安定、生理周期のずれなど生理にまつわる悩みは尽きないもの。
 
「女子じゃなかったらよかったのに…」と思うのはそんなときです。
 
生理不順は主に女性ホルモンの乱れが原因です。
 
女性ホルモンはストレスや生活習慣などに影響を受けやすく、少しのストレスでも生理周期に影響します。
 
そんなデリケートな女性たちの悩みにも、青汁が力を発揮します。
 

生理周期はとてもデリケート、いろいろな原因で乱れてしまうのです

生理不順は25から38日という正常な期間を外れて生理周期が長くなったり短くなったりすることを言います。
 
ひとつの生理周期は、女性ホルモンの周期的なはたらきによって「月経期」「卵胞期」「排卵期」「黄体期」の順に繰り返されます。
 
このうち、卵胞期はホルモン分泌の影響を受けやすく、生理不順はこの卵胞期の乱れによって生じます。
 
では、生理不順につながるホルモンバランスの乱れを生じる原因には、どんなものがあるのでしょう。
 

精神的、身体的なストレス

これはみなさんもいちどは経験したことがあるのではないでしょうか。
 
大きなイベントや責任のかかる仕事を前にして生理がストップするなど、大きなストレスは自律神経のバランスをくずして脳の機能に影響を与えホルモンバランスを狂わせます。
 

冷え

体が冷えると骨盤内の血行も悪くなり、子宮や卵巣の血流も低下します。
 
すると、卵巣のはたらきも低下するため女性ホルモンの周期も乱れがちになるのです。
 
また、子宮が冷えることで生理痛も起きやすくなります。
 
冷えは、体を冷やすことに加え、ストレスによって血流が悪くなることでも起こります。
 

ダイエットによるやせすぎや太り過ぎ

過度なダイエットでエネルギーの素となる糖質や、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が十分に摂れていないとホルモンの分泌が滞り生理不順や生理停止を引き起こします。
 
また、太りすぎていても生理不順が起こります。
 
これは脂肪細胞からも分泌されているエストロゲンという女性ホルモンが脳に対して卵巣のはたらきを止める信号を送ってしまうからなのです。
 

不規則な生活や睡眠不足など、生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れからくるストレスは、自律神経系のバランスを乱して女性ホルモンのはたらきを司る脳の視床下部に影響を与えます。
 
女性ホルモンのはたらきは、とってもデリケート。
 
毎日の生活で受けるいろいろなストレスによって不安定になってしまうのです。
 
青汁と生理
 

青汁の豊富な栄養素が、正常な女性ホルモンの分泌をサポートします

青汁には、女性の体が喜ぶビタミンやミネラル、食物繊維などの成分が豊富です。
 
体の中からホルモンバランスを整えます。
 

ビタミンEが血行を改善、冷えを予防します

青汁野菜にはビタミンEが豊富、
 

  • 明日葉   4.3mg/100g
  • ケール   2.6mg/100g
  • モロヘイヤ 7.0mg/100g
  • キャベツ  0.1mg/100g

 
キャベツと比べると一目瞭然ですね。
 
ビタミンEには、血管を拡げて血流を改善したり血液をサラサラにして、血行を促進し冷えを改善する効果があります。
 

ビタミンC

ストレスは大量のビタミンCを消費します。
 
体にストレスが加わると副腎という小さな器官から抗ストレスホルモンが分泌されます。
 
このホルモンをつくるときにはビタミンCを大量に消費するのです。
 
ビタミンCの補給はストレスを和らげる効果があります。
 
青汁には、ビタミンCも豊富です。
 

食物繊維

肥満が女性ホルモンのバランスを乱すことは意外でしたね。
 
青汁には食物繊維も豊富。
 
食前の青汁が食欲や血糖値をコントロールして肥満も予防します。
 

ビタミンやミネラル

青汁には、過度なダイエットや激しいストレスによって不足しがちになるビタミンやミネラルも豊富です。
 

まとめ

青汁には、
 

  • 血流を改善するビタミンE
  • ストレス解消に役立つビタミンC
  • 肥満を予防する食物繊維
  • 体の機能を整えるビタミンやミネラル

 
が豊富です。
 

青汁で、デリケートな女性ホルモンのバランスを整えて、つらーい生理痛や生理不順を改善しましょう。
 
 

コメントは受け付けていません。