そろそろお肌が気になるお年頃?青汁で老化防止だよ?!

青汁老化防止

「もう、20代の頃のように無理はできないな…。」そう感じ始める時期って、ちょうど仕事の責任も重くなってきたり、子どもができたりと一段階上のストレスを感じ始める時期と重なりませんか?
 

自分の時間が取れなくなってセルフケアも怠りがち、ふと鏡を見て冒頭のセリフをつぶやく…。そんな方も多いのではないでしょうか。
 

では、時間のないあなたにぴったりのアンチエイジング対策として、青汁をご紹介しましょう。

知っておこう!老化のメカニズム

20代をピークに、お肌や体の衰えを実感していくのは仕方のないことですね。
 

でも、いくつになっても自信を持って外を歩ける程度には、若々しくいたいですよね。
 

ここでは、お肌の老化にポイントを絞ってお話していきましょう。
 

加齢による自然老化

お肌のハリやうるおいは見た目の若々しさを決めるポイントですね。
 

でも、コラーゲンやヒアルロン酸など、ハリとうるおいを守るのに必要な成分は20代がピーク、体の中で作られる量も減ってはたらきも弱くなっていきます。
 

また細胞のはたらきや成長ホルモンや女性ホルモンの分泌なども同様に減少していくので、30代ではすでに老化が始まっているのです。(恐)
 

さらに、活性酸素などによる酸化ダメージも蓄積されていくため、加齢とともに、シミやしわ、乾燥、ごわつきといったお肌の老化が進んでいきます。
 

紫外線による光老化

紫外線による老化のことです。紫外線を浴びると体の中に発生する活性酸素は、コラーゲンなどのたんぱく質を壊したり遺伝子を傷つける、脂質を酸化させるなどしてお肌にダメージを与え、シミやしわの原因になります。
 

ストレスによる老化

激しい運動や不規則な生活による外的ストレス、さらには人間関係の悩みなどの内的ストレスも、体の中に活性酸素を生じさせるのです。
 

精神的ストレスは血管を収縮させ、血行不良を生じるため、確かに体にも影響を与えるのです。すると光老化同様に、お肌の老化が進むのです。
 

青汁には、活性酸素のダメージからお肌を守ってくれる成分がいっぱい!!

加齢による自然老化にさらなる拍車をかけるのは、紫外線やストレスによって発生する活性酸素のようですね。
 

そうとわかれば、青汁の出番です。青汁には活性酸素を消去してくれる次のような抗酸化物質がたっぷり詰まっています。
 

ビタミンA

青汁の成分である緑黄色野菜に多く含まれています。前駆体のベータカロテンから体の中で合成されます。
 

皮膚の新陳代謝を高め、美肌効果も発揮します。また、夜盲症など目の病気を防ぐはたらきでも知られています。油分と一緒に摂ると吸収力が高まります。
 

摂りすぎると柑皮症といって、手のひらが黄色くなることがありますが一時的なものとされています。
 

ビタミンC

美肌といえば、ビタミンCですね。皮膚や血管の老化を防いだり、コラーゲンの産生をうながすなどしてお肌のハリを整えます。
 

また、シミの元となる過酸化脂質を抑え、シミ予防にも効果があります。水溶性ビタミンなので、摂りすぎても尿中に排出されるため問題ないといわれています。
 

ビタミンE

「若返りのビタミン」ともいわれているビタミンEは、細胞膜に多く存在する脂溶性ビタミンです。
 

細胞膜を構成する不飽和脂肪酸を活性酸素の酸化作用から守りお肌や血管を若々しく保ちます。摂りすぎても過剰症が起こりにくいといわれています。推奨量を守っていれば、問題ないでしょう。
 

ポリフェノール

元々は植物自身を守るために備えられたポリフェノールも抗酸化作用をもちます。長命草の青汁には、ポリフェノールが豊富に含まれているそうです。
 

また、青汁は食物繊維も豊富です。食物繊維は抗酸化物質ではありませんが、腸内環境を改善して便秘を解消し、肌荒れも防ぎます。

■まとめ

青汁には美肌を守るすぐれた抗酸化作用をもつビタミンA、C、E、ポリフェノールや、腸内環境を改善する食物繊維がたっぷり含まれています。
 

ハードな仕事でお疲れ気味の方や、ストレスを感じている方、バランスの良い食事まで手が回らない方など、手軽に抗酸化物質補給ができます。
 

エイジング対策は、「お気に入りのスキンアイテム+青汁」でどうでしょう?

 

 

コメントを残す