青汁で二日酔いの「予防と対策」|これでお酒の席も楽しめる!

hutukayoi

「二日酔い」といえば、昔は「会社のお付き合いで飲み過ぎたお父さん」というイメージでしたが、それは昔の話。

 
キャリア志向の女性も増えて女性がお酒の席に付き合うことも当たりまえになりました。
 

楽しくてつい飲み過ぎてしまうこともあるのではないでしょうか?
 

次の日が休日ならよいのですがそうとは限りませんよね。
 

「あーこの二日酔い、何とかして…」そんなあなたに、ぜひおすすめしたいのが青汁なのです。

二日酔い、なぜこんなにつらいの?

アセトアルデヒド説が有力ですが、厚生労働省によれば実は二日酔いのくわしいメカニズムはわかっていないということです。
 

アルコールの離脱症状

アルコールも薬物のひとつと考えて二日酔いはアルコールの離脱症状とする見方もあります。
 

薬物依存症の人が治療の過程で経験するものよりは軽度ですが、アルコールが体から抜けていく過程で頭痛や吐き気などの二日酔い特有の症状が出ると考えられています。
 

胃腸障害

アルコールによって胃壁がダメージを受けて胃酸過多になり、むかむかするということです。「胃が荒れた」という状態でしょうか。
 

アルコールの分解産物アセトアルデヒド

これはご存知の方も多いと思いますが、アルコールの分解産物である「アセトアルデヒド」という成分の仕業です。
 

「アルコール」が酸化して「アセトアルデヒド」、それがまた酸化して「酢酸」という順序で分解していきます。
 

・飲んだアルコールの量が多い
・アルコールを分解する力が弱い(お酒に弱い人)
 

などの理由によって翌日までアセトアルデヒドが残っていると、あのつらーい症状が起きるということです。

 
このようないくつかの原因が複雑に絡み合っているようです。

二日酔いになってしまったらどうしたらいいの?

早く何とかしたい二日酔い。その対策のポイントはこの2つ。
 

まずは水分補給

アルコールによって排尿を抑えるホルモン(抗利尿ホルモン)バゾプレッシンの分泌が抑えられるので、つまりは排尿がうながされ、体から水分が出てしまうのです。
 

さらに、アルコールが分解されるときにできる乳酸などによっても脱水症状が進むので、まずは、水分補給が大事ということです。
 

ビタミン補給

ビタミンB1やナイアシン、ビタミンCといったビタミン類を補給することが良いそうです。
 

ナイアシンはビタミンB群に含まれます。実は、ナイアシンと二日酔いの関係は深く、アルコールを分解するときにはたらく酵素を助ける、補酵素なのです。
 

ナイアシンは、かつおやレバー、きのこ類やナッツ類に多く含まれ、青汁の原料となる緑黄色野菜にも含まれています。
 

ナイアシンの推奨量は1日に11から12mg、それに対し青汁に含まれている量は0.1から0.5mgということなので、ナイアシンの過剰摂取はまずないと考えてよいでしょう。
 

いちどに大量摂取した場合でも一時的に皮膚がかゆくなる程度ということです。

青汁には、二日酔い解消のために効果的なビタミンやミネラルがいっぱい

これまでにもお伝えしてきたように、青汁には
 

  • ビタミンA、B、C、Eなどのビタミン類
  • 鉄、銅、亜鉛、カリウム、カルシウムなどのミネラル

 
など、二日酔いの改善のために良い栄養素がつまっています。
 

とくに、ケールの青汁は次のようなことから二日酔いに効果的ということです。
 

  • ビタミンUが胃をじょうぶにする(キャベジンのことです)
  • スルフォラファンが肝臓の解毒力を高め、肝機能を向上する

 
日常的にケールの青汁を飲むことやお酒を飲む前に一杯飲むことで、二日酔いの予防にもなるといわれています。
 

まとめ

青汁には、
 

  • 胃壁をアルコールから守る
  • 肝機能を高める
  • アルコールの分解を助ける

 
ビタミンやミネラルが豊富です。
 
お酒を飲む前後の青汁で、二日酔いともさよならできるかな。
 
 

コメントを残す