青汁がメタボ対策になるって本当?!その効果とは?

青汁メタボ対策

「ベルトの穴がまた1つずれてしまった…」
 
「健康診断で引っかかってしまった…」
 
「妊婦と間違われた…」
 
などなど、メタボ対策を真剣に考え始めるきっかけは人それぞれかもしれません。
 
メタボと言われても持病がなければダイエットに真剣になれないのが本音ですよね。
 
でも、メタボリックシンドローム糖尿病高血圧症脂質異常症などの生活習慣病予備軍といっても良いのです。
 
もっと恐ろしい狭心症や心筋梗塞などの重篤な疾患に進む前に、青汁でメタボ対策始めませんか。
 

まずは敵を知ろう、メタボリックシンドロームって?

メタボという言葉はちまたにあふれていても、本当のところどういう状態なのかはよく知らないという方も結構多いのではないでしょうか。
 
メタボリックシンドロームとはどういうことなのか、改めて調べてみましょう。
 

メタボリックシンドロームとは

内臓肥満に、高血圧・高血糖・脂質代謝異常が加わって、心臓病や脳卒中などの動脈硬化性疾患の危険性を招く危ない状態です。
 
日本では、内臓脂肪の蓄積を示すウエスト周りが
 

  • 男性85cm
  • 女性90cm

 
を超えて、さらに高血圧・高血糖・脂質代謝異常のうち2つが当てはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。
 

メタボリックシンドロームになると…

  • おなかの周りにたまった内臓脂肪から脂肪が流出し、中性脂肪の増加や善玉HDLコレステロールの減少が起こり、動脈硬化につながります。
  • 内臓脂肪が蓄積すると、脂肪細胞が肥大し、抗メタボリックシンドロームホルモンのアデイポネクチンの分泌異常が生じます。これによって動脈硬化がすすんだり、糖尿病などを発症します。

 

メタボリックシンドロームの改善のためには

  • 臓脂肪を減らす
  • 血糖値を低く抑える
  • 悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす

 
ことですね。
 
いずれも「食べたり飲んだりすることが大好き」「運動が苦手」な人には、つらーい試練ですね。
 
そもそもそれができていたらメタボリックシンドロームにはならないわけですね。
 
そんな方に、青汁の食物繊維は強―い味方になってくれるかもしれません。
 

青汁の食物繊維は、メタボ対策の強―い味方です。

でも、ただ毎日飲むだけでメタボ対策になるのでしょうか。
 
やっぱり疑問ですよね。
 
では、青汁の抗メタボリックシンドローム効果を見ていきましょう。
 

血糖値の上昇を防ぐ効果

青汁の食物繊維には水に溶ける水溶性食物繊維が豊富です。
 
水溶性食物繊維はおなかの中で水分に溶けて粘度を増し、食物の移動をゆっくりにすることで糖の吸収を遅らせ、血糖値の急上昇を抑えるのです。
 
これによってインスリンの分泌も緩やかになって糖が脂肪として蓄積されるのを抑えるのです。
 

血清コレステロールを抑える効果

やはり水溶性食物繊維には、コレステロールを吸着して便と一緒に体の外へ排出する効果があります。
 
これによって動脈硬化の原因になる悪玉コレステロールが減少するのです。
 

食べ過ぎの防止

青汁の食物繊維には、水に溶けない不溶性食物繊維も豊富です。不溶性食物繊維は
 

  • おなかの中で水を吸って膨らむため満腹感を得やすい
  • 消化されずに胃の中に残ることから腹持ちがよい

 
などの効果があります。食べ過ぎや間食を抑えられるのです。
 

カルコンの効果

明日葉に含まれるフラボノイドの1種であるカルコンは、抗メタボリックシンドロームホルモンと言われるアディポネクチンの分泌を高めます。アディポネクチンは、
 

  • 血糖値を下げる
  • 脂肪の燃焼を高める
  • 動脈硬化を予防する
  • 血圧を下げる

 
などの効果が知られているスーパー善玉ホルモンなのです。
 
ただ毎日飲むだけでも効果がありそうですね。本気でメタボ対策をお考えの方は、明日葉の含まれている青汁がおすすめです。
 

まとめ

青汁に含まれている食物繊維は、
 

  • 血糖値の急上昇を抑える
  • 悪玉コレステロールを減らす
  • 食べ過ぎを抑える

 
などのはたらきを持ち、メタボ対策に効果的です。
 
また、明日葉に含まれているカルコンは、脂肪の燃焼を高めるなどのはたらきのある善玉ホルモン、アデイポネクチンの分泌を促進し、メタボ対策に威力を発揮します。
 
青汁は、「ただ飲むだけでメタボ対策」できるかもしれません。
 
 

コメントは受け付けていません。