女性に多い貧血、貧血予防にも青汁がいい理由とは?

青汁と貧血
 
疲れやすい、食欲がない、顔色が悪い、冷え性、立ちくらみやめまいなど、貧血に伴う症状は様々です。
 
どれもつい、「大したことではない」「病院に行くほどではない」と我慢してしまいがちな症状ですよね。
 
でも、これから妊娠や出産を控えた若い女性は要注意です。
 
月経のある女性は毎月の生理のためにただでさえ鉄分が不足しがちなのですが、妊娠すると赤ちゃんにも血液がまわるためさらに貧血気味になります。
 
「若いから大丈夫」で済ませていていいのでしょうか。
 
青汁で鉄分補給始めましょう。

貧血はどうして起きるの?

赤血球や赤血球の中のヘモグロビンが基準値よりも少ない状態のことを「貧血」といいます。
 
鉄欠乏性貧血は、貧血は鉄分の不足によっておこります。
 
血液の中にある赤血球の成分であるヘモグロビンは、色素であるヘムという部分とポリペプチドであるグロビンという部分からできています。
 
ヘムが赤い色素であることから血液が赤くみえるのです。
 
このヘムの中央部分には鉄があって、この鉄が酸素と結合することによって、体の各組織に酸素を運ぶのです。
 
鉄分が不足すると、体中の細胞は酸素不足になり、
 

  • 疲れやすい
  • 立ちくらみやめまい
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 動悸・息切れ

 
などの症状が起きるのです。
 
貧血とは体が酸欠状態になっていることなのですね。
 
特に女性は毎月の生理による出血のため、男性よりも貧血になりやすいのです。
 
鉄分の1日の推奨量は、
 

  • 成人男性の 7.5mg
  • 月経のある成人女性 10.5mg

 
となっています。
 
また、妊娠すると赤ちゃんにも血液がまわるためさらに大量の血液が必要になります。
 
妊娠中期・後期ではさらにプラス15mgの鉄分が必要とされているのです。
 
また、授乳中にも鉄分は必要で、授乳中の女性ではプラス2.5mgとされています。
 
このように、若い女性ほど必要な鉄分、豚肉や鶏肉のレバー、牛肉、のりやひじきなどの海藻類に多く含まれています。
 
しかし、食生活の変化やダイエットなどの影響で食事からの摂取が難しいためか、なかなか必要な量を摂れていないというのが現状では?
 
そこで、おすすめしたいのが青汁なのです。
 

青汁で簡単手軽に鉄分補給!

普段の食生活で、なかなか必要な量の鉄分が取れない方、また、ダイエット中なので肉類は控えているという方におすすめなのが青汁です。
 
青汁と貧血
 

青汁野菜には鉄分も豊富です

青汁の原料となっている明日葉やケールなどの葉野菜にはキャベツに比べて2.5から3倍の鉄分が含まれています。
 
100g当たりの鉄分量

  • 明日葉 1.0mg
  • ケール 0.8mg
  • モロヘイヤ1.0mg
  • キャベツ0.3mg

 

鉄分の吸収を高めるビタミンCも豊富です

野菜や海藻などに含まれている鉄分は非ヘム鉄と呼ばれ体に吸収されにくいとされています。
 
青汁の鉄分もこの非ヘム鉄ですね。
 
ビタミンCはこの非ヘム鉄を吸収されやすいヘム鉄に変えるはたらきがあります。
 
青汁にはビタミンCも豊富なので、鉄分の吸収を高める効果もあるのです。
 

「造血のビタミン」と呼ばれている葉酸も豊富です

青汁野菜には、鉄分のほかにも赤血球を作るために欠かせないビタミンB群の葉酸も豊富に含まれています。
 

  • 明日葉  100mg
  • ケール  120mg
  • モロヘイヤ 250mg
  • キャベツ 78mg

 
このように、青汁野菜には鉄分や鉄分の吸収を高めるビタミンC、赤血球の産生を高める葉酸など、貧血の解消に役立つ成分がいっぱいです。
 
また、青汁ならダイエット中の人でもカロリーを気にせずに貧血予防ができますね。
 

まとめ

疲れやすい、すぐに息切れがする、顔色が悪い、めまいや立ちくらみがする、そんなあなたはもしかしたら貧血かもしれません。
 
青汁には、貧血を予防する鉄分やビタミンC 、葉酸が豊富に含まれています。
 
毎日の食事に、プラス1杯の青汁で、手軽に貧血予防しませんか。
 
 

コメントは受け付けていません。